WATER WATER CAMEL

花がよくにあう
1,800円(税込)
男性ボーカル
WATER WATER CAMELの2ndアルバム
ゲストコーラスとしてクラムボン・原田郁子氏
絶賛のmopsy flopsyのボーカル白石なつみ、
同じくクラムボン・ミト氏プロデュースの
タラチネのボーカル兼キーボードである岸真由子など
個性的な女性シンガーを多く迎えて制作。
3曲目の『About Sundayman』は、今の自分が不甲斐ないと
思っている方に聴いて欲しい曲です。
7曲目の『水平線の見える丘で』と9曲目は
誰かの結婚式の時に流したい曲です。

01 Never land
02 凪
03 About Sundayman
04 アンダーザベッド
05 春
06 2007年6月29日金曜(雨)
07 水平線の見える丘で
08 眠りたい
09 花がよくにあう

中2にはじまり今年で結成20年になるロックバンド。
小学校から洋裁学校、植物園からお寺まで異色のステージを網羅し
長年の人と密接な活動によって独自のネットワークを持つ。
・齋藤キャメル
voice & acoustic guitar
多くの楽曲の作詞作曲を手掛ける。
・田辺玄
guitar,ukulele,banjo, & effects
CM,Web等の音楽制作や、演奏家・レコーディングエンジニアと
して多くのアーティストの作品制作に関わり、
人と場所の繋がりをキーワードに活動。
・須藤 ヒサシ
wood&electric bass
演奏家として、多数のアーティストのLIVEサポート、
レコーディングに参加。ケーブルマニアで、
CAMELの透き通るサウンドを機材面からも担う。

RITMUS的解説
このWATER WATER CAMELというバンドに対し、
解説や説明をつけることなんて正直できません。
彼らのおかげで世界が広がりました。
大切な大切なバンドです。大切な大切な3人です。
1人でも多くの方々に聴いて欲しいと思います。